夜行列車に代わり登場し、快適な旅を提供する夜行バス

夜行バスが登場するようになってから随分と経過します。その昔、高速道路網がまだ十分でなかった頃の公共交通機関は鉄道が主流となり、多くの方が全国各地に移動したものです。日本全国が線路一本で繋がるようになり、寝台列車や夜行列車が登場するようになります。列車の中で一晩過ごし、翌日には目的地に到着します。寝ている間に目的地に着くことは、朝一番より活動を開始したい方など時間を有効に活用したい方にとっては大変都合の良いものとなります。また、ゆっくりとした時間を過ごしたい方や夜行列車の旅そのものを楽しみたいという方で大盛況を迎えます。お金のない学生や若者など、また集団就職などで地方より大都会へ向かう方など多くの方に利用され、思い出深いものとなります。その夜行列車も時代とともに列車のスピード化と生活スタイルの変化により、利用客が少なくなります。

全国各地に運行されていたものが路線の統廃合を繰り返し、やがて一部の便を残し、ほぼ全ての夜行列車が廃止に追い込まれてしまいます。それに代わるものとして登場したのが夜行バスかとも言えます。時を同じくして、高速道路網が整備され、日本全国が一本の高速道路で繋がるようになります。高速道路網が整備されたことにより、各地を結ぶ高速バスが登場するようになります。高速バスも進化を遂げ、夜行列車のように夜行バスというものが登場するようになります。夜行列車と同じく、夜間に出発して翌朝に目的地に到着するものです。夜行列車と夜行バスとの大きな違いは運賃にあります。夜行列車の場合、特急料金に寝台料金が加算されるため、新幹線並みの金額を負担することとなります。その点、夜行バスは夜行列車の半額以下の運賃で利用することができます。運賃の安さは夜行バスの大きな魅力です。バス車内が少々狭いのが難点でありますが、リクライニングシートを改良した、寝心地を確保できるくらいの角度まで倒すことができるようになっています。狭いといわれるバス車内においても快適に、十分眠ることができるようになっています。運行開始当初は男性客や学生など経済的に余裕のない方の利用が多かったのですが、時代ととともバスそのものが改良され、女性客も利用しやすいものとなっています。

女性専用車両を設けているところもあれば、高齢者の方でも利用しやすいように配慮されたものまで幅広い世代の方が利用しやすいように工夫されるようになっています。このようにして、夜行列車と入れ替わるように夜行バスが登場し、今でも快適な旅を提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です