様々なサービスなどが今もなお展開されている夜行バス

昔から低価格で長距離を移動する手段として、夜行バスがありますが、その人気は、今も衰えることはありません。また人気バラエティ番組のロケで、その番組の題材としても使われたこともあり、乗ったことはないものの知っている方も、多くおられるはずです。この夜行バスは最近ではいろんなサービスを展開して、新たな顧客を確保しようとしています。最近で一番目立つのが、女性専用の夜行バスです。これも女性の社会進出が多くなってきた関係で、女性の方が安全に、安く移動する手段が求められてきたものの、今まであったバスでは、夜間に見ず知らずの男性と同じ空間を共有することに難色を示していたところに、バス会社が目をつけて、女性専用ということで、定期便を設定したところ、とても多くの人気を集めるとに成功しました。もちろん女性専用ということで、特に設備面において、ブランケットや枕、スリッパやルームウェアといったものを用意し、さらに座席等も女性向けのデザインを施しているのです。

またせっかく長時間乗車しているために、その空間を楽に過ごしてもらえるよう、座席を一人席にしているものもあります。こういう場合、座席自体が大きくなり、そして、ある程度までフラットにできるものになっていますので、ゆっくり睡眠をとることもできるのです。また通常は、バスに乗車した方が一つのモニタを見て、映画などを鑑賞していましたが、このように一人席のタイプだと、個人的に見ることができる液晶モニタがついていたりすることがあります。カーテンでも仕切れるようになっていたりしますので、まるで個室にいるような感覚で、バスの旅行を楽しむことができます。こういった設備面の他に、利便性を高めたものも出てきています。通常電車で移動したほうが、移動時間は短いのですが、鉄道路線とダイヤの関係で、バスのほうが所要時間が短い路線もあります。こういった場合には、バスのほうが人気になっていることもあります。さらに、夜行バスならではともいえますが、かなりの長距離を走るものも存在します。今のところ最長は、埼玉から福岡まで結ぶ路線になりますが、所要時間は15時間を軽く超えてきます。とはいえ、安く移動できることを考えれば、この時間は案外短いものかもしれません。

このように夜行バスは時代の変遷とともに、新しいサービスを展開しながら、今後もその価格の安さを大きな武器として、多くの方々の支持を受ける移動手段になっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です