長距離夜行バスを利用するメリットおよびデメリットについて

近年、長距離夜行バスは鉄道や飛行機に代わる移動手段として人気を集めています。これまで夜行バスは運行本数が少なく、移動に時間もかかる事からあまり利用客は多くありませんでしたが、バス会社が鉄道や飛行機に代わる移動手段として路線網の整備や運行本数の増加を図った結果、主要な移動手段の一つとしての立場を徐々に確立するようになりました。高速夜行バスを利用するメリットには幾つかありますが、最大のメリットは運賃の安さだと言えるでしょう。高速バスの運賃は鉄道や飛行機の半分以下であり、また利用する時期によっては鉄道や飛行機の3分の1以下の運賃で利用する事が可能です。例えば東京と大阪を往復する際に鉄道や飛行機を利用すると20000円程度の運賃がかかりますが、高速夜行バスの場合5000円から10000万円程度の運賃で済みます。

この運賃の安さが高速バスの最大のメリットと言えるでしょう。第二のメリットは、移動時間を睡眠にあてる事が出来るという点です。高速バスのデメリットには移動に時間がかかる点がありますが、夜行バスの場合移動を深夜に行う為、利用者は移動時間を睡眠にあてる事が出来るのです。多くの夜行バスは夜の22時や23時に出発し、翌朝に目的地に着くというスケジュールで運行を行っているため、利用者はバスに乗り込みすぐに就寝すれば、目覚めた時に目的地に着いているので、到着後すぐに目的地で活動する事が出来るのです。この点、鉄道や飛行機の場合は深夜に移動する事が出来ない為、どうしても時間にロスが生じてしまいます。しかし、夜行バスだと時間を効率的に利用する事が出来るのです。一方、デメリットについてですが、高速バスは鉄道や飛行機に比べると揺れが大きいので、場合によっては深夜の移動中に睡眠を取る事が出来ない可能性があります。睡眠を取れない場合、長時間の移動によって疲れがたまり、目的地到着後にすぐに活動できない可能性があります。最近はどのバス会社もより快適な移動が出来るよう、バスのシートのスペースを増やしたり、リクライニングを改良したりして利用者が休息を取りやすいように工夫していますが、それでもやはり鉄道や飛行機に比べると移動時間が長い分、疲れやすいのは事実です。

バスを利用する際は、この点は十分に認識しておくべきでしょう。また、その他のデメリットとしては、安全性が鉄道や飛行機に比べるとやや劣るという点があります。最近はどのバス会社も安全性の向上に努めていますが、事故発生率は鉄道や飛行機に比べると依然高いのが現状です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です